ホリショウのあれこれ文筆庫

歴史その他、気になった案件を綴ってみました。

2022-02-20から1日間の記事一覧

第245話 人生は雨の日の托鉢

序文・雨はいつかあがるもの 堀口尚次 かつて、大手企業の重役から脱サラして僧侶になった人の著作「人生は雨の日の托鉢」を読んだ。彼は若い修行僧に混じって還暦過ぎの雲水(うんすい)となった。 生きていれば、楽しい事や楽な事ばかりではなく、辛い事や苦…