ホリショウのあれこれ文筆庫

歴史その他、気になった案件を綴ってみました。

政治・行政

第163話 留置場・拘置所・刑務所の違い

序文・死刑囚の拘置所はいかがなものか 堀口尚次 留置場は、被疑者の身柄を収容する警察署内の施設。警察官が被疑者を逮捕し警察署に引致後、必要と認められる場合にはその身柄は一定時間、警察署の留置場に収容される。また、勾留状を執行された被疑者の大…

第152話 第三セクターは身近にあった

序文・PFIは、さしずめ第四セクター? 堀口尚次 第三セクターとは、国や地方公共団体と民間が合同で出資・経営する企業。日本は、日本国政府または地方公共団体(第一セクター)が、民間企業(第二セクター)と共同出資により設立した法人を指す。多くは…

第149話 優越的地位の濫用

序文・あのジャニーズも勧告を受けていた?! 堀口尚次 優越的地位の濫用は、取引上、優越的地位にある者が、取引先に対して不当に不利益を与える行為。 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(独占禁止法)の第19条(不公正な取引方法の禁止)及び…

第146話 ペレストロイカ=リストラ

序文・崩壊させたんじゃなくて、再構築したのだ。 堀口尚次 ペレストロイカは、1980年代後半からソビエト連邦で進められた政治体制の改革運動。 ソビエト連邦共産党による一党独裁制が60年以上も続いたことにより、硬直した政府を立て直すため、1985年に共産…

第143話 石橋湛山の心臓

序文・短命だったが異色の総理大臣がいた 堀口尚次 石橋湛山(たんざん)は、第55代内閣総理大臣であるが、在職65日という経歴を持つ。 早稲田大学卒業後、新聞社に入社、その後軍隊を経て、東洋経済新報社に入社。 その後町議会議員を経て衆議院議員となり、…

第142話 特別司法警察職員

序文・警察官以外にも逮捕権を持ってる人は沢山いた 堀口尚次 特別司法警察職員とは、警察官(一般司法警察職員)ではないが、特定の法律違反について刑事訴訟法に基づく犯罪捜査を行う権限が特別に与えられた一部の職員(公務員や民間人)のことである。犯…

第137話 竹島・尖閣諸島について

序文・領土問題の言い分は、どれも平行線。 堀口尚次 過日、「内閣官房領土・主権対策企画調整室」が出しているパンフレットを入手したので、これに基づいて記してみる。 「竹島」については、冒頭・日本の基本的な立場として、『竹島は、歴史的事実に照らし…

第131話 重複立候補での復活当選

序文・衆議院選挙も終わりましたが、なんか気になるこの制度。 堀口尚次 重複立候補とは、衆議院の選挙制度で小選挙区比例代表並立制の選挙において、小選挙区の立候補者を政党の比例代表名簿にも登載することができる制度。 その場合、小選挙区での立候補者…

第127話 選挙投票で思うこと

序文・あなたの一票が扉を開ける 堀口尚次 近くの公民館で投票してきましたが、疑問に思うことがあります。衆議院議員の小選挙区は、うちの場合は、自由民主党と立憲民主党の二人しかいないので、明確に選択が出来ます。ただ、どちらの政党も指示していない…

第122話 外形標準課税

序文・ようは赤字の大企業からも税金取るよってことかな 堀口尚次 石原慎太郎が東京都知事だった時に、外形標準課税の導入で話題になってたが、いったいどういうものだったのだろう。当時よく分らなかったので、調べてみた。 「納税者の担税力〈租税を負担す…

第111話 市場の失敗

序文・資本主義社会でも市場原理に委ねてはならないものがある。 堀口尚次 「市場の失敗」とは、市場メカニズムが働いた結果において、パレート最適〈他の個人の満足を減ずることなしにはいかなる人の満足も増すことができない状態〉ではない状態、つまり経…

第108話 特定海域について

序文・まさか津軽海峡を中国とロシアの軍艦が通航するとは・・・ 堀口尚次 テレビ番組で「特定海域」について取り上げていた。「国際海峡」とは、国連海洋法条約によって定義された国際航行を定められた範囲で自由に行える海峡のことであり、日本における特…

第95話 死刑と終身刑の課題

序文・今回は誤解を恐れずに書きました。「自死刑」 堀口尚次 死刑制度がある日本と、合法的に射殺が許されている国のどちらが野蛮なんだ!?と「そこまで言って委員会」で竹田恒泰氏が叫んでいたが・・・。 2020年時点で、106カ国で全ての犯罪に対して死刑…

第83話 委員会と委員長

序文・そこまで言って委員会?! 堀口尚次 国家公安委員会・公正取引委員会・教育委員会など、行政機関の委員会について記してみる。 委員会とは、複数の委員からなる合議制の機関を指す。国又は地方公共団体におかれる合議制の行政機関で、行政委員会とも言…

第79話 警視庁・警察庁・検察庁の違い

序文・警察官と検察官は、発音は一文字しか違わないけど、全く違います。 堀口尚次 警視庁は、東京都の警察本部。各都道府県のトップが警察本部長なのに対して、警視庁だけは警視総監という。 警察庁は、行政機関の一つで、国家公安委員会の特別機関である。…

第72話 小選挙区比例代表並立制と一票の格差

序文・選挙が近いので、復習がてら再勉強してみました。 堀口尚次 「小選挙区比例代表並立制」は、小選挙区制と比例代表制を組み合わせた制度。衆議院議員選挙で採用されている。小選挙区制(定数289)と比例代表制(定数180)で行われる。比例代表制…

第60話 日本固有の領土・北方四島

序文・北方領土問題は、双方の言い分が違うので埒(らち)が明かない。 堀口尚次 日本の領土で懸案になっているのは、北方領土・竹島・尖閣諸島である。それぞれ、ロシア・韓国・中国と領有権を争っているが、日本側は固有の領土としての立場である。今回は…

第44話 三権分立と矛盾点

序文・だいぶ前に「朝まで生テレビ」で若い頃の菅直人氏が面白い論戦を展開していたのを思い出した。 堀口尚次 中学の社会科の教科書で習った「三権分立」ですが、「立法権・衆議院議長」と「行政権・内閣総理大臣」と「司法権・最高裁判所長官」のそれぞれ…

第39話 男子の本懐を遂げた濱口雄幸首相

序文・20年ほど前に、城山三郎の「男子の本懐」をTVドラマ化したものを観た。主人公の濱口首相について筆をとりました。 堀口尚次 ライオン宰相(さいしょう)と呼ばれた濱口(はまぐち)雄幸(おさち)首相は、東京駅で右翼青年の凶弾に倒れた。 高知県出身で明…

第36話 悲劇の宰相・廣田弘毅

序文・東京裁判でA級戦犯として訴追され、文官として唯一処刑された元総理大臣。 堀口尚次 廣田弘毅は外務大臣・内閣総理大臣を歴任し、極東国際軍事裁判(東京裁判)でA級戦犯として有罪となり、文官(軍人以外の国家機関に勤務する者)として唯一絞首刑…

第23話 シビリアンコントロールの実態

序文・シビリアンコントロール(文民統制)では、内閣総理大臣が自衛隊の最高責任者となっている。そこに垣間見える問題点が露呈した事件だった。 堀口尚次 冷戦時代の1976年ソ連軍の現役将校が、ミグ25戦闘機で日本の函館空港に強制着陸し亡命を求めた。ミ…

第9話 民族派活動家・野村秋介

序文・討論番組「朝まで生テレビ」で初めて彼を知った。強烈な印象を受け、書籍を読んで筆を執りました。懲役・計18年という彼の偉才は、言葉では語りつくせない。 堀口尚次 戦後の民族派の代表的論客として、新右翼と言われたり晩年は映画プロデューサーと…