ホリショウのあれこれ文筆庫

歴史その他、気になった案件を綴ってみました。

第1088話 徳川四天王の血筋「鬼玄蕃」こと酒井玄蕃

序文・破軍星旗

                               堀口尚次

 

 酒井了恒(のりつね)は、出羽庄内藩家老・酒井了明の長男。慶應3年に家督をついでから父祖代々の通称である玄蕃(げんば)明治維新後、大泉県〈旧庄内藩〉参事。

 徳川氏の前身である松平氏の譜代家臣・酒井忠次徳川四天王の筆頭家臣であり、庄内藩酒井氏はその血筋を引く。玄蕃は、戊辰戦争において庄内藩二番大隊を指揮し、秋田方面の戦いで連戦連勝の活躍を遂げ、新政府軍から「鬼玄蕃」と呼ばれ恐れられた名将として知られている。

 戊辰戦争において東北諸藩は奥羽越列藩同盟を結んで新政府軍と戦ったが、庄内藩会津藩仙台藩米沢藩とともにその中心となる藩の一つであった〈ただし奥羽列藩同盟は会津藩庄内藩の支援を目的としていたため、会・庄2藩は加盟していない〉。庄内藩勢は当初、白河方面を救援する予定で準備を進めていたが、久保田藩新庄藩など、秋田方面諸藩が新政府側に寝返ったため、白河救援のために移動していた約900人の部隊が急きょ舟形で合流し、新庄城を攻めることとなった。この時、北斗七星を逆さに配した「破軍星旗」の軍記を掲げた庄内藩二番大隊を指揮していたのが、26歳の酒井了恒〈玄蕃〉である。

 数に勝る新政府軍・新庄藩の連合軍に対して、数に劣る庄内藩は最新兵器と巧みな戦術で反撃した。新庄藩兵は強力な庄内藩兵を前に戦意を喪失し、新庄城から脱走したという。新庄攻略後、久保田藩領内に北進し幾多の戦闘を繰り返し、横手城を陥落させ、角間川の戦いで大勝を挙げると、わずか2か月足らずで久保田城の目前にまで進軍した。久保田城攻略の準備を進めている最中、同盟軍の米沢藩仙台藩が降伏し、庄内藩領内にも敵が出没するという情勢を受け、庄内藩の部隊は一斉に撤退を開始した。これを知った新政府軍は秋田方面の兵力を増強し追撃に回ったが、了恒の見事な采配により一進一退の攻防を繰り返しながら退却を進め、庄内藩兵はほとんど犠牲者を出さずに撤退を完了させた。

 鬼玄蕃と恐れられた了恒だが、実際の性格は温和で慈悲深かったといわれる。味方の若い兵を気遣うだけでなく、占領地の孤児や窮民を救済したり、乱暴狼藉や窃盗を厳しく戒め、敵兵の死骸も手厚く埋葬したという。そのため敵方の武士にさえその遺芳が語り継がれ、百姓からは「庄内様庄内様」と慕われたという。