ホリショウのあれこれ文筆庫

歴史その他、気になった案件を綴ってみました。

第593話 無学文盲の土木技師・服部長七

序文・義侠心

                               堀口尚次

 

 服部長七(ちょうしち)天保11年 - 大正8年は、明治期の日本の土木技術者。既存のたたきを改良し自ら編み出した人造石工法〈長七たたき〉により治水・用水分野の工事において業績を挙げた。広島県宇品港の岸壁工事完成の功績などにより緑綬褒章が授与されている。

 天保11年に三河国碧海郡棚尾村〈現在の愛知県碧南市新川〉の左官職人の家の三男として生を受ける。16歳での父の没後、一時豆腐屋を営むものの、翌年から左官修行を行い18歳より新川で左官業を始める。明治8年から明治9年にかけ、宮内省発注の御学問所のたたき工事や泉水工事、時の権力者である大久保利通木戸孝允・品川弥次郎らの屋敷のたたき工事などを手がけ大いに信用を得る。また1876年には人造石工法を編み出し、黒川〈名古屋〉開削時の樋門工事などの治水・灌漑工事で大きな成果を挙げている。また、この時期に岡崎の夫婦橋工事を行った際、工事完成間近に岩津天満宮に詣で夢枕に立った仙人のお告げで無事の完成となったとの逸話もある

 明治14年には人造石工法の海岸堤防工事への導入試行として、自ら高浜〈愛知県〉の服部新田開発を手がけ成功した。その後岡山県佐賀県の新田開発築堤工事で成果を上げ、明治17年からは広島県宇品港の工事を請け負う。宇品港の工事は5年3ヶ月を要した難工事であったが無事完成に漕ぎつけた。後の日清戦争日露戦争の際に広島が前線に近い重要拠点とされたのも、一つには長七により整備がなされた近代湾港としての宇品港があったことによる

 長七は自らを「無学文盲(もんもう)」と称し、著書は残していない。しかし、工事の現場で自ら工夫し情熱を傾けることでリーダーシップを発揮するタイプの人物であったとされる。また、工事の進捗がはかばかしくない際には私財をなげうったとのエピソードも多く残されている。長七が明治37年に事業から引退した理由の一つには、その義侠心から採算の合わない工事を少なからず引き受けたことにより服部組の経営が破綻状態であったことが挙げられている。

 明治37年に事業から引退し、氏子として再興に努めていた岩津天満宮〈愛知県岡崎市〉に間借りする形で隠居した。岩津天満宮には長七の功績を讃えた顕彰碑が建てられている。

 

第592話 領土問題にしこりを残したヤルタ密約

序文・アメリカとソ連の駆け引き

                               堀口尚次

 

 ヤルタ会談は、1945年2月4日から2月11日にかけて、ソビエト連邦のクリミア自治ソビエト社会主義共和国のヤルタ近郊にあるリヴァディア宮殿で開催された、イギリスソビエト連邦アメリカ合衆国による連合国首脳会談である。第二次世界大戦が終盤に入る中、ソ連対日参戦と国際連合の設立について協議された他、ドイツおよび中部・東部ヨーロッパにおける米ソの利害を調整することで、世界大戦後の「ヤルタ体制」と呼ばれる国際レジュームを規定した。

 アメリカとソ連の間でヤルタ秘密協定を締結し、ドイツ敗戦後90日後のソ連対日参戦及び千島列島樺太朝鮮半島台湾などの日本の領土の処遇も決定し、現在も続く北方領土問題の端緒となった。日本に関して、1945年2月8日にアメリカのルーズベルト大統領、ソ連スターリン書記長で秘密会談を行い、その後イギリスのチャーチル首相との間で交わされた秘密協定が、この極東密約である。この協定では、ソ連の強い影響下にあった外モンゴルモンゴル人民共和国〉の現状を維持すること、樺太〈サハリン〉南部をソ連に返還すること、千島列島をソ連に引き渡すこと満州国の港湾と南満州鉄道における、ソ連の権益を確保することなどを条件に、ドイツ降伏後2か月または3か月を経て、ソ連が対日参戦することが取り決められた。

 ドイツが無条件降伏した、1945年5月8日〈ヨーロッパ戦勝記念日〉の約3か月後の8月9日、スターリンはヤルタでの協定に従って、ソ連は日本に宣戦布告し、満州国に侵入、千島列島と樺太を占領した。しかし、ソ連対日戦線の翌日〈1945年8月10日〉に、日本が「ポツダム宣言受諾」を連合国に通告したため、戦争末期〈9月2日の日本の降伏文書調印まで〉の極めて短期間の間に、ソ連の戦果に対して日本の領土を与えるという、結果としてソ連に有利な内容になった。

 1951年「サンフランシスコ平和条約」により、日本は南樺太と千島列島を放棄したが、北方四島は日本固有の領土であり、千島列島には含まれない。但し、当時のソ連は同条約への署名を拒否し、調印していない。そしてロシアは、北方四島は千島列島に含まれるという解釈である。

 

第591話 会社OBによる新年会&温泉プチ旅行

序文・ナイスミドル!?企画

                               堀口尚次

 

 去る1月18日~19日に会社のOB4人で、私が企画した「新年会&温泉プチ旅行」に行って参りました。その時の内容を記したいと思います。ほぼ同じメンバーで過去5回、日帰り旅行を行っており、すべて私が企画し「ナイスミドル企画(笑)」と銘打っております。因みに平均年齢は64歳です。鉄道利用・温泉・ウォーキング(低登山)等をもりこみながら、あーでもない・こーでもないといいながらの、のんびり旅です。そして今回は、初めての泊まりということで、ささやかな新年会を企画しました。私を含めお酒が飲めるメンバーなので楽しみにしていました。(この時点では…)

 まず初日は、メンバー全員が愛知県在住なので、名古屋市中心にほど近い名鉄金山(かなやま)駅集合で、特急に乗り豊橋駅を目指しました。豊橋駅に着くとすぐに昼食タイムです。名古屋圏のテレビ番組で有名な「スパゲッ亭チャオ」で頂きましたが、平日の正午前にも関わらず待ち時間10分という盛況ぶりでした。オヤジ(ナイスミドル?)はやっぱりパスタではなくスパゲッティ!!ですなぁ~

 その後豊橋駅から出ている市電に乗り、5km先の終点・赤岩口駅で下車。愛知県では、市電はもうここでしか乗る事が出来ず、もの珍しいです。「お電(でん)車(車内でおでんやお酒が楽しめる)」なんて企画もあるみたいで、いつか乗ってみたいですね。

 終点駅からは徒歩1.5kmのキジ山(134.8m)を目指しました。東海自然歩道から少し脇道に入ったところに、一応三角点があるということでしたが、地図にも道がないので心配になり、事前に豊橋市役所に電話して登頂可能なルートを確認しておきました。それでもたかだか134.8mの登山なのに、息は切れるし、重ね着していた上着を脱ぐほど、しんどかったですよ~。なんとか山頂の三角点に辿り着いた時の達成感(大袈裟かっ!)は格別でした。

 下山して、また市電に乗り豊橋駅前まで戻ってから、今晩宿泊のルートインホテルにチェックインしました。そして17:00から近所の居酒屋「串カツ田中」で新年会と相成りました。アルコール飲み放題にしたので、ケチケチ根性が出てしまい、ここぞとばかりに酒をあびてしまいました。19:00ぐらいからは、2軒目として「スナック琴」へ繰り出し、飲めや歌えやのどんちゃん騒ぎです。但しこの辺りから私の記憶が曖昧になってきました。そして3軒目のバーでは、有志二人になりましたが、私はまったく覚えていません。更に4軒目のバーにも突入しましたが、ここはかすかに記憶があります。不思議なものです。問題の事件が勃発したのはこの後です。4軒目を出た後、有志二人でコンビニへ行ったが(私はこの辺からまったく記憶なし)一人がトイレに入っている間に、私はどこかへ消えてしまったんだそうな!私はといえば、深夜の街を千鳥足でふらつきながら、何度も転んで、スマホの地図アプリでホテルに帰ろうとしていました。多分1時間以上は徘徊したと思われたころ、酷(ひど)く転倒してしまい、おでこなどをアスファルトに強打し、メガネは変形するし、出血もしていたのでハンカチで止血しながら、近くのコンビニに入りタクシーを呼んでもらいました。今思えば、何で早くタクシーを呼ばなかったのか、後悔先に立たずです。なんとかホテルに辿り着いた時は夜中の1時ぐらいでした。

 翌日は、楽しみにしていた無料のバイキング朝食も行けず(顔面の傷が恥ずかしい…)悔しい思いをしました。8:00にチェックアウトしましたが、ニット帽子とマスク等で傷跡のカモフラージュはできましたが、ズキンズキンという痛みだけは一日中続きました。同行の皆さんには、「一か月の禁酒宣言」を宣(のたま)いました。

 二日目は、JR豊橋駅から飯田線(終点は長野県の岡谷)に乗り、飯田線の愛知県区間制覇を目指しました。(飯田線は単線の鈍行列車で、終点までに94駅あり7時間かかるとのこと)私たちが下車する静岡県「出馬(いずんま)駅」の手前ぐらいから2両編成の車内には私たち4人しか乗っていませんでした~。出馬駅から二駅分となる「浦川駅」までの2.5kmの山里をのんびりと歩きました。浦川駅の近くに五平餅のお店があったので、美味しくいただきました。ところが駅の男子トイレの大(個室)が修繕中で使用不可であったことから、あろうことか女子トイレを略奪するという行為に及んだ事があったとかなかったとか!?

 こうして帰りの豊橋行きの飯田線に乗り込むと、車掌さんがやってきましたが(飯田線はほとんど無人駅なので車掌さんから切符を購入する仕組み)どこかで見かけた人だなあと思ったら、なんと行きの車両で切符を買った同じ人でした。何かの縁を感じましたので、途中下車した「湯谷(ゆや)温泉駅」で車掌さんに手を振ってお別れしました。

 湯谷温泉駅から徒歩0.5kmの温泉施設「鳳来ゆーゆーありいな」へ向かい、疲れた身体と二日酔いの頭を癒しました。(私は傷口にお湯がしみない様に細心の注意で入浴しました=自業自得)入浴後は併設の食堂で、各々お気に入りの食事に舌鼓をうち、時間もたっぷりあったので食後のコーヒーも堪能しました。その後は、飯田線湯谷温泉駅から豊橋駅までもどり、名鉄特急に乗り換えて、名古屋へ戻って行きました。帰りの電車ではみんな睡魔に襲われていました。

 こうして初めての一泊二日の「新年会&温泉プチ旅行」は無事?!終了しました。もうすでに、次回の企画も出来ており、メンバーには案内済みですが、「お酒は呑まない!・宿泊で呑む場合は2軒で完徹」を宣言しました。

 追伸:「一か月禁酒宣言」は、ものの一週間で破られました。更に、顔面の傷は毎日オロナイン軟膏を塗りたくりましたので、今ではすっかり癒えております。(但し、当日帰宅したおりに、顔面を見た娘から「喧嘩でもしたの!!」と言われる始末でした~)



 



 

第590話 本願寺道路の大義名分

序文・浄土真宗の生き残りをかけた忠勤

                               堀口尚次

 

 本願寺道路は、明治初年に東本願寺石狩国の札幌と胆振(いぶり)国の尾去別(おさるべつ)とを山越えで結ぶ街道として建設した道路で、明治4年に開通した。建設は東本願寺による北海道開拓政策の中心事業の一つとなるもので、「本願寺街道」「有珠(うす)街道」ともよばれる。現在の国道230号の基礎となった。

 後に本願寺道路が作られた経路は、従来からアイヌが通行しており、江戸時代には松浦武四郎(たけしろう)〈冒険家・北海道の名称考案者〉らがアイヌの案内で通っていた。明治2年に札幌に蝦夷地〈同年北海道と改称〉の本府を置くことが決まると、札幌と箱館〈同年函館と改称〉を連絡する道路が必要になった。このとき財政難の明治政府は、京都の東本願寺を動かして道路開削を出願させた。

 東本願寺は、調査・計画を行い、明治3年から明治4年にかけて工事を実施し、尾去別〈現在の伊達市長和〉と平岸(ひらぎし)〈現在の札幌市豊平区平岸〉の間に約103 kmの道路を開削し、中山峠越えの道路を開通させた。工事の労働には僧侶のほか、士族と平民の移民、アイヌが従事した

 しかし、明治6年に苫小牧経由で室蘭に至る「札幌本道」が完成すると、山間を通る本願寺道路は敬遠されるようになり荒廃する。

 明治19年から、北海道庁により改修工事が進められ、重要な街道として再生される。昭和25年に国道230号となる。

 東本願寺は徳川家の恩顧(おんこ)があり、そのことにより、大政奉還後まもなくである慶応4年年始に行われた宮中会議において、同寺焼き討ちの案が出された。東本願寺側は、当時、第二十一代法主の嚴如(ごんにょ)〈大谷光勝(こうしょう)〉であり、その妻は皇族出身の嘉枝宮和子であった。和子の実兄である山(やま)階(しなの)宮(みや)晃(あきら)親王は、その宮中会議の経過を耳に入れ同寺の取り潰しの実現を懸念し、「叛意(はんい)がない」旨の誓書を寺側より朝廷に提出させることにより事なきを得た。だがその文章の中には「如何なる御用も拝承つかまつりたく」という一節があった

 一方、明治政府は北海道の開拓のために開拓使を設け、その本府を札幌に置くことを計画。当時すでに北海道の拠点として開けていた箱館から札幌へのルート開拓は急務とされていた。しかしながら、極端な財政難に陥っていた当時の政府には、北海道の道路を含めた開拓にまで手がけることは不可能で、薩長土肥等の勤皇雄藩も同様であった。そんな台所事情の新政府が苦し紛れに目をつけたのが、全国に宗門徒を抱えていた本願寺であった。

 東本願寺は、周囲から白眼視される状況を打破するため、北海道の道路開削を申し出た。とはいっても実質的には、前述の誓書の文言をたてにした政府からの命令ともいうべき状況であった。また東本願寺が北海道開拓・新道開削に傾いた要因の一つに、廃仏毀釈が遺した仏教全体への逆風もある。道路開削は、世のため人のために働くことで「仏教は国益にかなう」と証明する機会でもあったのである

 工事にかけた期間は1年ほどとなっているが、冬季間は積雪のため休業せざるを得ないことを考えると、実質的に半年での作業という驚異的な突貫工事である。『札幌区史』『北海道通覧』などの記述には、このときの僧侶たちの苦闘ぶりが記されているが、土木の専門家でもない僧侶たちが百数十人いても作業進捗にどれだけの貢献ができたか、疑わしい面もある。とある有珠のアイヌ古老は、結局労働の土台となっていたのはアイヌであると指摘している。

 開通からわずか2年後の明治6年に、現在の国道36号線の基礎となる札幌本道が開通したため、「本願寺街道」を利用する者は激減し、道は笹や草木の中に埋もれていった。

 昭和52年12月、街道工事に当たってアイヌが酷使されたことを理由に、過激派が東本願寺本山を爆破するという事件が起きている。

 私は過日、名古屋市中村区の同朋大学で開催されていた「本願寺道路展」を見に行った。そこでは貴重な資料が数点展示されており「本願寺道路」の事を詳しく勉強できた。私が伺った時に、担当の大学教授がいて、学生たちに説明している時だったので、片隅で拝聴させて頂いた。またその後の質問等にも丁寧に答えて下さり感謝の限りだった。

 

第589話 網走刑務所

序文・さいはての監獄の成り立ち

                               堀口尚次

 

 網走刑務所は、法務局矯正局札幌矯正管区に属する刑務所。収容分類級B〈再犯者・暴力団構成員で執行刑期10年以下〉の受刑者の短期収容を目的とする刑事施設。日本最北端の刑務所で、網走川の河口近く、三眺山の東側に位置する。

 明治維新後の日本は、内乱による国事犯や政治犯が続出したため、監獄は過剰拘禁となっていた。同時に、「富国強兵」を掲げて西洋列強と肩を並べるためやロシア帝国による脅威を防ぐためには蝦夷地の開拓が重要であった。

 そこで、明治14年に「監獄則」改正を行って徒刑、流刑、懲役刑12年以上の者を拘禁する集治監を北海道に設置し、囚人を労働力として使役させて北海道の防衛と開拓を進める政策を執った。また、刑を終えた後は北海道に住み着いてくれれば良いという考えもあった。

 明治23年、中央道路の開削工事を行うため、釧路集治監から網走に囚徒を大移動させて開設。発足時の囚人数は1,392人でその3割以上が無期懲役であり、ほかの囚人も刑期12年以上の重罪人であった。中央道路工事は、明治24年のわずか1年間で、網走から北見峠まで約160kmが開通しており、完成した時には226kmが開通した。過酷な労働条件による怪我や栄養失調が続出し、死者は200人以上となった。

 明治27年に、囚人使役は「囚人は果たして二重の刑罰を科されるべきか」と国会で追及されるまでの社会問題となり廃止されたが、民間人や外国人などによる「タコ部屋労働」は大正昭和になっても続いた

 網走の発展は、刑務所設置に大きく関わっているが、以前は地元にとって刑務所は決して好ましいイメージではなく、戦時中には刑務所名変更の請願を網走町が提出している。これは、衆議院を通過したものの貴族院では不採択となり、網走刑務所の名は存続することになった。

 戦後、高度経済成長期になると、高倉健主演の映画『網走番外地』シリーズの人気により、網走刑務所は全国区の観光名所となった。昭和58年には、網走刑務所の全面改築工事に伴い、旧刑務所の教誨(きょうかい)堂、獄舎などを移築復原した博物館網走監獄が天都山中腹に開館し、観光名所になっている。

 

第588話 拿捕

序文・北方領土近海の拿捕の現状

                               堀口尚次

 

 拿捕(だほ)とは、政府船舶〈軍艦を含む〉が商業船舶に対して乗組員を送り込む方法などによりその権力内に置くこと。拿捕には刑事訴追の前段階となる海上警察措置の一態様としての拿捕と、刑事手続を念頭に置かない武力紛争法〈海戦法規〉における拿捕がある。なお、国連海洋法条約第73条などのarrestも、日本語訳では「拿捕」とされているが、厳密にはarrestは刑事手続の一環として外国船舶を権力下に置くことであり英米海事法上は訴訟手続の開始等の法的効果をもつものをいう。「拿」の漢字が常用漢字表に含まれていないため、報道では「だ捕」と表記されることも多い。沿岸国が海域別において、また国家一般が公海において行使できる権限は国際法により定まる。

領海領海では、外国船舶による無害でない通航を防止するため、沿岸国は拿捕を含む必要な措置をとることができる。領海上での必要な措置には沿岸国に大幅な裁量権が認められると解されている。領海や接続水域等で外国船舶が沿岸国の法令に違反した場合、沿岸国は追跡権を行使して拿捕することができる。なお、外国軍艦の無害通航権については立場が分かれている。

排他的経済水域排他的経済水域では、沿岸国は「主権的権利を行使するに当たり、この条約に従って制定する法令の遵守を確保するために必要な措置」をとることができる。領海とは異なり、その目的は「法令の遵守確保」に絞られ、領海よりも取り得る措置は限定されると解釈されている。

公海海上では、原則として旗国だけが自国の船舶に対して排他的管轄権を行使できる。これには追跡権や臨検権など若干の例外があり、さらに海賊船舶に対して、すべての国は軍艦等によって公海等のいずれの国の管轄権にも服さない場所で拿捕することができるとされている。しかし、領海や排他的経済水域と比べると各国の公海上での権限は極めて厳格に限定されている。

 北海道の北方領土近海の海域では、この拿捕が問題となっている。勿論国際法上に乗っ取ってロシア側が日本人漁師を拿捕しているのだが、拿捕されたまま、現地で死亡してしまう例もあるようで、死亡原因が明確になっていないようだ。漁師にとって、まさに命がけの漁になっているのだ。日本の外務省のホームページには、この件についての詳細がアップされている。

 

第587話 三十六計逃げるに如かず

序文・逃げるが勝ち

                               堀口尚次

 

 『兵法三十六計』は、中国の魏晋南北朝時代兵法書兵法における戦術を六系統・三十六種類に分類した内容である。著者は南北朝時代南朝宋の将軍檀道済(たんどうせい)。「三十六計逃げるに如(し)かず」の語源である。

 1941年、邠県(ひんけん)〈現在の陝西省(さんせいしょう)咸陽市(かんようし)彬州市(ひんしゅうし)〉において再発見され、時流に乗って大量に出版された。様々な時代の故事・教訓がちりばめられているため、中国では兵法書として世界的に有名な『孫子』よりも民間において広まり、学校での教育も相まって現代人の思想や行動原理にも影響を与えている。

 戦術とは関連が薄い内容も含まれ、権威付けのために『易経(えききょう)』からの引用を使って解説しているなど、純粋な兵法書としては荒削りな部分が見られるためか、『孫子』などの武経七書と比較し軍事面では評価が低い。

 この本は『南斉書(なんせいしょ)』の王敬則(おうけいそく)伝「敬則曰、『檀公三十六策、走是上計』」の語源である。

 多くのはかりごとのうち、迷ったときには機をみてを引き、後日再挙を期すのが最上の策であるとする教え。転じて、困ったときには逃げるのが得策の意。単に「逃げるが勝ち」ともいう

 中国、南北朝時代に、南朝の王敬則が反乱軍を率いて斉(せい)王の蕭道成(しょうどうせい)父子を建康(けんこう)〈現在の南京〉に攻めたとき、斉王父子が遁走(とんそう)したといううわさを聞き、南朝宋の名将檀道済が「三十六策走(にぐ)るがこれ上計なり」と魏(ぎ)の軍を避けた故実を引いて、斉王父子をあざけったことに由来する。もと、敵前逃亡する者を卑怯者とののしることの意であったが、わが国では、転じて、逃げるを上策とする意にとられるようになった。

 たくさんあるはかりごとのうち、困ったときは、あれこれ考え迷うよりは、機を見て逃げ出し、身を安全に保つことが最上の方法である。臆病やひきょうなために逃げるのではなく、身の安全をはかって、後日の再挙をはかれ、ということを教えたもの。転じて、めんどうなことがおこったときは、逃げるのが得策であるの意。