ホリショウのあれこれ文筆庫

歴史その他、気になった案件を綴ってみました。

第218話 不寛容社会と言論の自由 

序文・自粛警察の背景に何が

                               堀口尚次

 不寛容社会とは、自分の主義・信条と合わない行動を取る他人を叩いたり批判したり、さらには人格否定まで行う人が増えた社会のことである。個人の発言力が大きくなったSNS普及後(特に2010年代後半以降)に大きな問題となっている。不寛容な人は特に社会規範について過度に厳格な解釈を行い、寛容的な態度を装って針小棒大な表現で攻撃することが多く、その場合は攻撃対象となった人にとって反論しにくく、反論すれば更なる応酬や晒し上げにあう事もある。あるいは、公の場で謝罪しても社会的に排除されるまで誹謗中傷が続けられる。攻撃的な態度で他人に接する人が増えると、数多くの紛争が発生し、社会全体の萎縮に伴う経済活動縮小という不利益を被ることになる。また、こうした風潮の社会では、身勝手な正義感による制裁が増えるため、侮辱や名誉棄損や暴行と言った犯罪の増加に繋がることもある。

 一説にはマスメディアの不寛容な態度や、SNSの急速な発展がその背景にあると考えられている。しかし、日本における不寛容の場合は、日本国民の国民性が元々短気で陰湿だったとの主張もある。不寛容の進行により、営業妨害に繋がったり、自殺者も出るようになった。SNSにおける炎上や誹謗中傷が特に問題となっており、発言相手の社会的地位を著しく低下させたり、生命を脅かしたりするような、一線を超えた行動に対しては刑法の厳罰化も議論されている。

 言論の自由表現の自由の根幹をなすと考えられ、今では国際人権法で保護され世界人権宣言第19条、市民的及び政治的権利に関する国政規約(国際人権B規約自由権規約)にも規定されている。

 表現の自由における言論の自由と出版の自由との関係であるが、本来、「言論」は音声による表現、「出版」は主に文字による表現であるが、広く「言論の自由」と表現されることもあり、言葉を通しての表現の自由は「発言の自由」と呼ばれることもある。

 典型的な自由主義的な信念によれば、各人の自発的な表現が総体として互いに他を説得しようと競い合う「思想の自由市場」を形成し、その自由競争の過程で真理が勝利し、真理に基づいて社会が進歩すると説かれる(思想の自由市場論)。正しい知識と真理は、各人の自発的言論が「思想の自由市場」へ登場し、そこでの自由な討議を経た結果として得られるものと考えられることから、表現の自由は、真理への到達にとって不可欠の手段であるとみる。

 これらの問題の解決は人間社会では出来ないと思う。不寛容であることと、言論の自由は、人間の生活に密着しており、人それぞれの価値観に直結している。現状の道徳教育より、戦前の修身教育のような視点も必要だと思う。

f:id:hhrrggtt38518:20220124064613j:plain

 

第217話 特殊潜航艇の悲劇と軍の隠匿

序文・トラトラトラのその裏で

                               堀口尚次

 

 特殊潜航艇とは、敵海軍の泊地(はくち)〈日本語では港湾において船舶を停泊させる水域とされるが、英語では特定のエリアではなく港湾全体を指す場合もある〉襲撃や、工作員潜入などに使われる軍用潜水艇・小型潜水艦。

 「甲標的(こうひょうてき)」という名称の艇が、大日本帝国海軍日本海軍〉において最初に開発された特殊潜航艇である。

 1941年12月の真珠湾攻撃甲標的の初陣となった甲標的の最先任搭乗員である岩佐大尉が開戦劈頭(へきとう)〈冒頭〉に敵の港湾にひそかに侵入して攻撃する実行案を立てて、母艦の「千代田」艦長の原田に申し出て、数回陳情して採用に至った。1941年11月1日、甲標的の部隊は、首席参謀の発案で「特別攻撃隊」と第六艦隊長官の清水によって命名された。〈後の神風特攻隊とは別物〉

 真珠湾攻撃作戦に参加した際で、5隻が大型潜水艦に搭載されて湾口近くに進出、湾内に侵入して空からの攻撃に呼応し、全艇撃沈されるか自沈し戦果はなかったが、乗組員10人は「軍神」の称号を与えられた。〈のち1人は捕虜となっていたことが判明〉

 当時大本営は、潜航艇が戦艦アリゾナを撃沈したと発表したが、戦後になって、真珠湾の海底で3つに解体された潜水艦が発見された。潜水調査の結果、真珠湾攻撃で出撃した日本軍の特殊潜航艇であることが確認された。しかし近年、情報操作が秘められていたことが明らかになってきた。真珠湾での潜水撮影、日米海軍の証言から、国家の戦略に翻弄(ほんろう)された特殊潜航艇搭乗員の悲劇が窺(うかが)える。

 「ワレ奇襲ニ成功セリ・トラトラトラ」の打電で有名な、飛行隊隊長の淵田大佐の回想録によれば、アリゾナの轟沈が飛行隊によることは皆知っていたが、特殊潜航艇を「軍神」として宣伝するため、手柄を譲るように求められたという。戦意高揚のプロパガンダであったというのだ

 作戦に参加した酒巻さんは機器の故障で座礁。米軍に捕まり、終戦まで収容所で過ごした。「捕虜は国の恥」とされた時代。戦死した9人が戦意高揚のため「九軍神」とたたえられた一方、軍は酒巻さんの存在を秘匿した。酒巻さんの実弟松原さんは、42年1月に海軍将校が「戦死」を伝えに、家を訪ねてきたのを覚えている。しばらくして別の将校が来て、「生死不明。他言しないように」と求めたという。軍による情報操作は、こうして戦意高揚に利用されたのだ。

f:id:hhrrggtt38518:20220123072644j:plain

 

第216話 靖国神社に建つ大村益次郎

序文・トコトンヤレ

                               堀口尚次

 

 『宮さん宮さんお馬の前にヒラヒラするのは何じゃいなトコトンヤレトンヤレナあれは朝敵征伐せよとの錦の御旗(みはた)じや知らないかトコトンヤレトンヤレナ』トンヤレ節で有名なこの歌は、大村益次郎が作曲したとされる。「宮さん」とは、戊辰戦争時に新政府の総裁で東征大総督を兼任した有栖川宮熾仁(ありすがわのみやたるひと)親王のこと。新政府軍が江戸へ攻め上る時に兵士らが歌ったとされる。

 大村益次郎は、幕末の長州藩士で、戊辰戦争では東征大総督府補佐となり勝利の立役者となった。太政官制において兵部省初代大輔(次官)を務め、日本陸軍創始者、陸軍建設の祖とされる。大村は、シーボルトの弟子に医学や蘭学を学び、大阪では、緒方洪庵適塾に学んだ。その後、帰郷して村医となった。そして伊予宇和島藩に招かれ、西洋兵学蘭学を講義した。

 江戸で、長州藩桂小五郎(後の木戸孝允)と知り合い、長州藩士となる。幕府による二度の長州征討では、大村が兵学者として活躍した。戊辰戦争になると、大村は、京・伏見の兵学寮で各藩から差し出された兵を御所警備の御親兵として訓練し、近代国軍の基礎づくりを開始する。そして江戸城無血開城となるが、このころ江戸は、旧幕府残党による彰義隊約3千名が上野寛永寺に構え不穏な動きを示したが、西郷隆盛勝海舟らもこれを抑えきれず、江戸中心部は半ば無法地帯と化していた。新政府は大村の手腕を活かして混乱を収めようとした。果して大村は制御不能となっていた大総督府の組織を再編成すべく、目黒の火薬庫を処分し、兵器調達のために江戸城内の宝物を売却、奥州討伐の増援部隊派遣の段取りを図るなど、矢継ぎ早に手を打っていった。また江戸市中の治安維持の権限を勝海舟から委譲され、同日には江戸府知事兼任となり、いよいよ市中の全警察権を収めた。

 こうして満を持した大村は討伐軍を指揮し、わずか1日で彰義隊を鎮圧する。この上野戦争の軍議で薩摩の海江田信義と対立、大村が発した「君はいくさを知らぬ」の一言に、海江田が尋常ではない怒りを見せたこと等が、海江田による大村暗殺関与説の根拠となっている。大村は、京都での会食中に刺客に襲われる。兇徒(きょうと)が所持していた「斬奸(ざんかん)状」では、大村襲撃の理由が兵制を中心とした急進的な変革に対する強い反感にあったとされる。この時の怪我が元で大村は死去した。今も靖国神社に建つ大村益次郎の像は、威厳に満ちている。

f:id:hhrrggtt38518:20220122073240j:plain

 

第215話 国会議員の特権・文書通信交通滞在費

序文・既得権益打破の模範となれるか

                               堀口尚次

 

 文書通信交通滞在費とは、国会議員が、公の書類を発送し及び公の性質を有する通信をなす等のため、月額100万円を支給される手当。

 この費用の目的はあくまで経費として支払われるが、前述のように文通費は報告や公開の義務がなく、歳費と合算して振り込まれる。そのため個人の政治活動費に流用するケースや、中には文通費を投資に流用するなどする議員が存在した。このことから、国会議員の「第二の給与」とも言われ問題視されている。また、月末に初当選した議員でも月初めに辞職した議員でも月あたりの満額100万円支払われ、衆議院参議院の比例で当選した議員が辞職し繰り上げ当選した議員が出た場合も、辞職した議員・繰り上げ当選した議員の両者に満額の100万円ずつ支払われる。さらに返還義務もなく自主的に国庫返納もできる法律が存在しないため、第49回衆議院議員総選挙が執行されたのは2021年10月31日であり、この選挙で初当選した議員にも満額の100万円支払われた。

 日本国憲法第49条は歳費の基準について「相当額」としている。国会議員は法律によって自ら歳費について決しうる立場にある。したがって、歳費の決定においては、お手盛りとの批判を受けることがないように特に留意すべきとされている。国会法は「議員は一般職の国家公務員の最高の給与額(地域手当等の手当を除く)より少なくない歳費を受ける」と規定されている(国会法第35条)。各議院の議長は217万円を、副議長は158万4000円を、議員は129万4000円を、それぞれ歳費月額として受ける。

 国会議員は歳費のほかに以下の手当が支給される。

①退職金②文書通信交通滞在費③JR特殊乗車券、国内定期航空運送事業に係る航空券の交付③審査・調査のための派遣旅費日当④旅費⑤議会雑費⑥期末手当⑦人事官弾劾の追訴にかかる実費の支給⑧弔慰金・特別弔慰金の支給⑨公務上の災害に対する補償⑩立法事務費

 日本の国会議員の歳費は、世界最高水準と優遇されていることから議員特権であるとして批判されることがある。

 昨今では特に「②文書通信交通滞在費」がクローズアップされている。元大阪府知事・元大阪市長橋下徹が「経費である以上は領収証をつけて実費処理であるべきで、領収書不要で100万円前払いはおかしい」「政治活動費は政党交付金で支払われるべき」と主張している。この橋下氏の主張を叶えるには、法律を変更しなければならない。しかし、国会議員は立法府の人間であり、いわば法律を作る又は変更するのが仕事なのだからすぐに実施すべきである。

f:id:hhrrggtt38518:20220121064936j:plain

 

第214話 マレーの虎こと山下奉文・陸軍大将

序文・表裏一体の見方

                                  堀口尚次

 

 シンガポール華僑(かきょう)粛清事件とは、日本軍の占領統治下にあったシンガポールで、日本軍(第25軍)が、中国系住民多数を掃討作戦により殺害した事件。戦犯裁判(イギリス軍シンガポール裁判)で裁かれた。

 イギリス軍が日本軍の第25軍に降伏し、日本軍はシンガポールを占領した。

同月21日に、第25軍司令部は、アヘン麻薬貿易組織・抗日分子や旧政府関係者の摘発・処刑のため、シンガポールの市街地を担当する昭南警備隊、シンガポール島のその他の地域を担当する近衛師団、マラヤ半島のジョホール州を担当する第18師団およびジョホール州以外のマラヤ全域を担当する第5師団に粛清を命じ、シンガポールを含むマレー半島で掃討作戦が行われることとなった。

 第25軍の山下奉文(ともゆき)軍司令官は、河村少将に、軍の主力部隊を速やかに新作戦へ転用するため、アヘン麻薬貿易禁止に反対してシンガポールの治安を乱し、軍の作戦を妨げていた華僑「抗日分子」を掃討することを指示した。作戦の詳細については軍参謀長の中将、軍参謀の中佐から指示があり、選別対象は元義勇軍兵士、共産主義者、略奪者、武器を所持・隠匿している者および抗日分子となるおそれのある者とすること、掃討の方法として、中国人の住民を集めてアヘン麻薬貿易組織員や抗日分子を選別、並行してアジトを捜索して容疑者を拘束し、秘密裏に処刑することなどが伝えられた。

 山下軍司令官の名で「シンガポール在住の18-50歳の華僑は21日正午までに所定の場所に集合せよ」とする警備隊命令が布告された。集合場所に集まってきた華僑を尋問し、選別された華僑をトラックに載せて海辺や山中に連行し、機銃掃射により殺害した。殺害の対象となった「アヘン麻薬貿易組織」「抗日分子」の選別は、事前に取り決めた名簿に照合する方法で厳密に行われていたわけではなく、参謀が現場を訪れて「シンガポールの人口を半分にするつもりでやれ」と指示を飛ばすなど、粛清する人数そのものが目的化されていたため、外見や人相からそれらしい人物を適当に選び出していた。このため、多数の無関係のシンガポール華僑が殺害された。犠牲者の総数は5万人という計画だったようだが、シンガポールの調べでは8600人余りとなっている。マレー半島シンガポール攻略の武功により「マレーの虎」と云われた山下奉文大将には、こんな闇も潜んでいたのだ。戦争とは、多方面から評価する必要があるものだ。

f:id:hhrrggtt38518:20220120064229j:plain

 

第213話 アサギマダラの不思議

序文・渡り蝶と叔父の出合い

                               堀口尚次

 

 アサギマダラは、チョウ目タテハチョウ科マダラチョウ亜科に分類されるチョウの1種。翅(はね)の模様が鮮やかな大型のチョウで、長距離を移動することから、渡り鳥ならぬ「渡り蝶」と呼ばれる由縁だ。

 私が、この蝶に興味を持ったきっかけは、亡くなった叔父が生前に執筆した「アルピニストの思い出」という書籍に登場することからだ。叔父は若い頃から登山を愛好し、園芸業〈洋ランの栽培等〉の傍ら登山を愛し続け、若い頃の思い出として執筆したのだ。

 本によると叔父は、新聞から「この蝶は石垣島で生れ、春に偏西風に乗って日本列島の中部地方から東北地方に飛来し、秋になると再び南西諸島や石垣島まで千八百キロの渡りをする蝶であることを知った」とある。叔父は若い頃に三重県鈴鹿山麓で出会ったアサギマダラの美しさが忘れられず、約20年後に園芸の仕事で訪れた愛知県の奥三河でアサギマダラに再会したことの不思議をしみじみ回想している。そして新聞から得た情報として「中部地方以東のアサギマダラは伊良子(いらこ)岬〈愛知県渥美半島〉に集まり、ここで南西諸島方面への風が吹くのを待ち、その風にのって石垣島へ飛び立つ」と。

 そして叔父はその章の終りでこう綴(つづ)っている。『その旅にどんな試練が待ち受けているかは知らないが、それは自然の摂理であるから致し方ない。しかし壮大な自然の摂理の渦の中に突入しようとしている彼等にちょっかいをかけてはいけない。我々に出来ることはそっと彼等を見送ってやる事だけだ』

 思えば、叔父の一生も会社の脱サラから、放浪の登山人となり、鈴鹿山麓に住み着くという異色のものだったそうだ。自然の厳しさと戦い、その中でつかんだ自然の美しさやすばらしさに魅了されていったのだろうか。一人で始めた園芸農家の仕事も自然が相手の仕事だ。私は幼少の頃、叔父のビニールハウスに手伝いに行った記憶がある。叔父のテントを借りて自宅の庭でキャンプの真似事をしたこともあった。

 アサギマダラの渡りも摩訶不思議だが、私には叔父の生き方がアサギマダラにかぶって見えた。叔父は人生の試練をアサギマダラの渡りの試練に置き換えて生きていたのではないか。晩年の叔父は病魔の早期治療を受けず、自然に帰って行ったのだ。天国の叔父がアサギマダラと再会していることを望む。

f:id:hhrrggtt38518:20220119075610j:plain

 

第212話 酔って候の山内容堂

序文・土佐の鯨は大虎で・・・

                               堀口尚次

 

 山内容堂(ようどう) は、幕末の外様大名土佐藩15代藩主。酒と女と詩を愛し、自らを好んで「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」や「酔翁(すいおう)」と称した。藩政改革を断行し、幕末の四賢候の一人として評価される一方で、当時の志士たちからは、幕末の時流に上手く乗ろうとした態度を「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と揶揄された。

 幕政にも積極的に口を挟み、老中・阿部正弘に幕政改革を訴えた。阿部正弘死去後、大老に就いた井伊直弼と将軍継嗣問題で真っ向から対立した。13代将軍・徳川家定が病弱で嗣子(しし)〈世継ぎ〉が無かったため、容堂ほか四賢侯水戸藩主・徳川斉昭らは次期将軍に一橋慶喜を推していた。一方、井伊は紀州藩主・徳川慶福を推した。井伊は大老の地位を利用し、政敵を排除した。いわゆる安政の大獄である。結局、慶福が14代将軍・家茂となることに決まった。容堂はこれに憤慨し、隠居願いを幕府に提出し、幕府より謹慎の命が下った。

 容堂は、思想が四賢侯に共通する公武合体派であるが、単純ではなく藩内の勤皇志士を弾圧する一方、朝廷にも奉仕し、また幕府にも良かれという行動を取った。このため幕末の政局に混乱をもたらし、のち政敵となる西郷隆盛から「単純な佐幕派のほうがはるかに始末がいい」とまで言わしめる結果となった。

 謹慎が解かれると、朝廷から参預(さんよ)に任ぜられ、国政の諮問機関である参預会議に参加するが、容堂自身は病と称して欠席が多く、短期間で崩壊した。その後薩摩藩主導で設置された四候会議に参加するが、幕府権力の削減を図る薩摩藩の主導を嫌い、欠席を続ける。結局この会議も短期間で崩壊した。

 その後開かれた小御所会議に於いて、薩摩・尾張・越前・芸州の各藩代表が集まり、容堂も泥酔状態ながら遅参して会議に参加した。会議冒頭の公卿の発言に対し、容堂は大声を発して議論をはじめ、「速やかに徳川慶喜を朝議に参加させるべきだ」と主張した。更に「300年近くも天下泰平の世を開いたのは徳川氏ではないか。それなのに、ある朝になったら突然、理由もなくその大きな功績ある徳川氏を排斥するとは何事なのか。恩知らずではないか。しかるに、二、三の公卿はどんな意見をもってこんな陰険な暴挙をするのか。すこぶる理解しがたい。恐らくは幼い天皇をだきかかえ、権勢を盗もうと欲する意図があるのではないか。まことに天下に戦乱の兆(きざ)しを作るものである」と、一座を睥睨(へいげい)〈にらみつけ〉し、意気軒高に色を成して主張したという。まさに酔って候(そうろう)。

f:id:hhrrggtt38518:20220118061954j:plain