ホリショウのあれこれ文筆庫

歴史その他、気になった案件を綴ってみました。

第463話 B29より大きい幻の九二式重爆撃機

序文・木製プロペラが岐阜の民家で見つかった

                               堀口尚次

 

 九二式重爆撃機は、1930年代の大日本帝国陸軍の試作重爆撃機。キ番号〈試作名称〉はキ20。呼称・略称は九二式重爆九二重爆など。

 本機の設計元はドイツのユンカース社が開発したユンカースG.38大型旅客機であり、キ20としての製造はそのライセンス生産権を買い取った三菱重工業により生産された。設計主務者は仲田信四郎技師。

 当時としては世界的にも破格の大型機であり、翼幅・翼面積は後に開発されるアメリカ陸軍航空軍-29よりも大きく、-2輸送機が登場するまでは日本陸海軍機中最大の機体であったため、内外において俗に九二式超重爆撃機超重爆撃機超重爆とも称されていた。しかしながら製造中に時代遅れの機体になってしまい、生産は6機で打ち切られ実戦参加することなく退役した

 1920年代末、帝国陸軍では将来フィリピンに侵攻する可能性を考慮し、その際に障害となるコレヒドール島のアメリカ軍基地を台湾から長距離爆撃できる機体を発案した。また仮想敵国であったソ連赤軍が大型爆撃機ツポレフ TB-4を開発中との情報もあり、それに対抗できる同等性能の機体が欲されていた。そのような経緯により、三菱に大型爆撃機の開発が命じられることとなった。

 当時の日本の技術水準では大搭載量と長距離飛行とを同時に実現できる4発大型機の自力開発は無理であったため、その頃世界最大の単葉陸上機だったドイツのユンカース G.38大型旅客機〈正確には同型のユンカース K.51重爆撃機〉の製造ライセンスを1928年に三菱が購入し、それを参考にして機体開発を行うこととした。設計・製作にあたってはユンカースの技術者を日本に招聘し、陸軍の指導監督の下で極秘裏に開発が進められた。なお1号機・2号機の主要部品はユンカースから購入・輸入したが、3号機以降は同社からの部品購入は最小限とし主に国産部品を使用した。

 対米戦用に秘匿され実戦には投入されず旧式化した本機であったが、その巨大な機影は見る者を圧倒するものがあり、陸軍では宣伝目的に本機を積極的に利用した。昭和15年1月の観兵式には3機が示威飛行を行い、また雑誌などでも紹介されるなど広く一般に知られるようになった。その後も航空国防博覧会等に展示されるなどし、1機は所沢の航空記念館に終戦時まで保管されていた。

 

第462話 日本の警察官の拳銃

序文・国産銃の開発

                               堀口尚次

 

 ニューナンブM60は、新中央工業〈後にミネベア→現・ミネベアミツミに吸収合併〉社製の回転式拳銃。昭和35年より日本の警察官用拳銃として調達が開始され、その主力拳銃として大量に配備されたほか、麻薬取締官海上保安官にも配備された。生産は平成2年代に終了したが、現在でも依然として多数が運用されている。

 内務省警視庁および府県警察部時代、日本の警察官は基本的にサーベルを佩用(はいよう)〈身に着ける〉するのみで、銃火器の装備は刑事や特別警備隊、要人警護要員や外地の警察部など一部に限定されていた。その後、連合国軍占領下の日本では警察官の帯刀を廃止し拳銃を携行することになったため、もともと保有していた拳銃だけでは足りず、日本軍の武装解除や民間からの回収によって入手された国産の拳銃も用いられていたが、それでも充足率は低く、また配備された拳銃も老朽品が多く、種類も雑多であった。昭和24年夏よりこれらの拳銃はGHQに回収され、かわってアメリカ軍の装備からの供・貸与が開始された。しかしこれらの供与拳銃にも老朽品が多く、その中でも特にM1911A1自動拳銃とM1917回転式拳銃は耐用年数を過ぎて動作不良や精度低下を来していたほか、使用弾薬が45ACP弾だったため警察用としては威力過大であり、大きく重いために常時携帯の負担が大きいという不具合も指摘されていた。60年安保対策として警察官が増員され、再び銃器の充足率が低下していたこともあり、まず昭和34年よりS&WM36などの輸入による新規調達が開始された。

 しかし一方で、国内産業の涵養(かんよう)〈無理をしないで少しずつ教え養うこと〉や製作技術の存続を図る観点から、防衛庁警察庁法務省海上保安庁などが装備する公用拳銃の統一化・国産化が志向されるようになっており、昭和31年9月、日本兵器工業界は、通商産業省の指導のもとで拳銃研究会を設置して検討に着手した。そしてその検討を踏まえて、昭和32年より、新中央工業において国産拳銃の開発が開始された。このとき、自動拳銃2機種と回転式拳銃1機種が開発されたが、この回転式拳銃が本銃であり、当初はM58と称されていた。M58は昭和34年11月に行われた外国製拳銃との性能審査で優良な成績を納め、昭和35年より警察への納入が開始された。昭和43年度以降、警察が調達する拳銃は本銃に一本化されることとなった。

 

第461話 身分なき共犯

序文・一蓮托生

                               堀口尚次

 

 「身分なき共犯」とは、身分はないが、身分犯〈構成要件において行為者が一定の身分をもつことを必要とする犯罪〉の犯行に加担した者。収賄背任罪などの、公務員や幹部など一定の立場にあることが成立の必要条件となる犯罪も、共犯者と認められれば同様に処罰される

 防衛装備品調達をめぐる防衛省汚職事件では、2007年11月28日に、収賄容疑で前防衛事務次官とともに、その妻が逮捕された。収賄罪は、公務員という身分が犯罪の構成要件となるが、公務員ではない民間人の妻に同容疑の「身分なき共犯」が適用されたことで、関心が高まっている。この事件の他に、「身分なき共犯」が適用されたケースは、06年10月に、前福島県知事の実弟が、県の発注した大型ダム工事をめぐり、ゼネコンからわいろを受け取ったとして、前知事と同じく収賄容疑で逮捕された事件などがある。また、07年10月には、奈良の医師宅放火殺人事件を起こした長男〈事件当時16歳〉の供述調書を引用した単行本の発刊に関して、長男の鑑定医の一人が、調書や鑑定書を漏らしたとして、秘密漏示罪〈刑法第134条〉で起訴され、単行本の著者であるフリージャーナリストも「身分なき共犯」の可能性があるとして捜査を受けたが、不起訴となり、多方面からの議論をよんだ。

 直近の事例では、津市が運営するボートレースのテレビCMの契約で便宜を図った見返りに業者から賄賂を受け取ったとして、三重県警は7日、津市ボートレース事業部経営管理課主幹の畑充彦容疑者と、三重テレビ放送東京支社営業部の酒井輝容疑者を収賄容疑で逮捕した。発表によると、両容疑者は2019年1月中旬、市が発注したボートレースのテレビCM放送業務を随意契約で受注できるよう便宜を図るなどした見返りに、広告会社の役員から現金十数万円を受け取った疑い。2人は容疑を認めている。酒井容疑者は公務員ではないが、県警は畑容疑者と共謀したとする「身分なき共犯」として逮捕した。贈賄側は公訴時効〈3年〉が成立している。

 昔から「一蓮托生」というが、これは仏教用語で、本来『死後、極楽浄土で同じ蓮華の上に生まれること。』転じて、ものごとの善悪や結果のよしあしに関係なく最後まで行動、運命を共にすることと解釈されるが、身分がなくても、犯罪に加担したのなら、共犯者として裁かれることは当然の報いだろう。

 

第460話 軍部の政治介入に抵抗した文官

序文・言論で戦う

                               堀口尚次

 

 斎藤隆夫〈明治3年 -昭和24年〉は、日本の弁護士、政治家である。帝国議会衆議院において、立憲主義・議会政治・自由主義を擁護し、弁舌により軍部の政治介入に抵抗した。

 粛軍演説は、昭和11年5月7日に帝国議会衆議院斎藤隆夫が行った演説。「粛軍に関する質問演説」ともいう。寺内寿一陸軍大臣に対する質問演説。「革新」の実体の曖昧さを突き、広田内閣の国政改革の大要の質問を行った後、軍部革正(粛軍)を軍部に強く要請すると同時に議会軽視の傾きのあった軍部への批判演説である。斎藤の演説は、軍部批判にとどまらず、軍部に擦り寄っていく政治家に対しても、強烈な批判を浴びせている。演説後半では二・二六事件を取り上げ、青年軍人の右傾化と軍人の政治介入を批判するとともに、五・一五事件に対する軍の対応が事件の遠因となったのではないか、と指摘している。この演説は1時間25分に及ぶ長演説となった

 反軍演説は、昭和15年2月2日に帝国議会衆議院本会議において立憲民政党斎藤隆夫が行った演説。日中戦争支那事変〉に対する根本的な疑問と批判を提起して、演説した。この演説により、3月7日、斎藤は衆議院議員を除名された。この経緯は言論弾圧としても扱われる。なお、「支那事変処理を中心とした質問演説」や「支那事変処理に関する質問演説」を、一般的に「反軍演説」と称している。

 腹切問答を行った浜田国松や人民戦線事件で検挙される加藤勘十とともに反ファシズムの書籍を出したり卓越した弁舌・演説力を武器にたびたび帝国議会で演説を行って満州事変後の軍部の政治介入、軍部におもねる政治家を徹底批判するなど立憲政治家として軍部に抵抗した

 国家総動員法に関しても、同僚議員に「この案はあまりに政党をなめている」「僕は自由主義最後の防衛のために一戦するつもりだ」と語っている。

 「ネズミの殿様」とのあだ名で国民から親しまれ、愛され、尊敬された政治家であり、その影響力は尾崎幸雄、犬養毅に並ぶと言っても過言ではないほどであった。あだ名の由来は小柄でイェール大学に通っていた時に肋膜炎を再発し肋骨を7本抜いた影響で演説の際、上半身を揺らせる癖があったことによる。


 

第459話 平民宰相・原敬

序文・平民初の総理大臣

                               堀口尚次

 

 原敬(たかし)は、陸奥国岩手郡本宮村〈現:岩手県盛岡市〉出身であり、祖父の原直記は盛岡藩家老、父の原直治は盛岡藩側用人を務めた。

 『郵便報知新聞』記者を経て外務省に入省。後に農商務省に移って陸奥宗光井上馨からの信頼を得た。外務大臣時代には外務官僚として重用されたが退官。立憲政友会の発足に参加して政界に進出。大正7年総理大臣に就任。それまで内閣総理大臣9人の族籍は全員華族であったが、原は平民であったため、「平民宰相(さいしょう)」と渾名(あだな)された。大正10年、東京駅で暗殺された。

 首相就任前および就任直後の原に対する民衆の期待は大きく、特に故郷盛岡ではかつて朝敵とされた地からついに首相が生まれたと、盛大な祝賀行事が行われた。また「平民宰相」と渾名され、大正デモクラシーの最中でこの言葉は流行語となった。原の肖像と「平民宰相原敬先生」という文言が描かれた置き薬の箱が配られたり、「平民食堂」「平民酒場」が各地に開かれたりした。新渡戸稲造尾は原の首相就任により階級的道徳の時代が終わり、国民的道徳の時代が訪れたと評した。吉野作造は国民の期待と信頼が原内閣を生み出したと評し、憲政会の加藤高明ですら「憲政の進歩」であると評価せざるを得なかった。海外の新聞でも平民でありながら実力者である原の内閣は民主主義・議会主義の拡大につながるであろうという好意的な評価が寄せられた。また新聞各紙では閣僚の人選も公平であると高評価であった。一方で原は「あまり期待しても期待外れになる」と周囲に漏らしていたという。

 東京駅にて国鉄職員であった中岡良一に心臓を刺され、死亡した。ほぼ即死であったとされる。享年66。山縣有朋は原の死に衝撃を受けたあまり発熱し、夢で原暗殺の現場を見るほどであった。その後「原という男は実に偉い男であった。ああいう人間をむざむざ殺されては日本はたまったものではない」と嘆いている。

 岩手県の名物である「わんこそば」の発祥は原に由来するものであるという説がある。原は母リツが米寿を迎えた頃から毎年夏には盛岡に帰郷し、母が住む別邸「介寿荘」に市民を招き、さんさ踊りや蕎麦でもてなした。このときに出された蕎麦が中蓋に薬味を載せた「椀コそば」であり、原夫妻がもてなしのために考案したものであるとされる。

 

第458話 コックリさん

序文・怖いもの見たさ

                               堀口尚次

 

 コックリさん〈狐狗狸さん〉とは、西洋の「テーブル・ターニング」に起源を持つ占いの一種。机に乗せた人の手がひとりでに動く現象は心霊現象だと古くから信じられていた。科学的には意識に関係なく体が動くオートマティスムの一種と見られている。「コックリさん」と呼ばれるようになったものは、日本で19世紀末から流行したものだが、これは「ウィジャボード」という名前の製品が発売されたりした海外での流行と同時期で、外国船員を通して伝わったという話がある。

 日本では通常、狐の霊を呼び出す行為〈交霊術〉と信じられており、そのため「狐狗狸さん」の字が当てられることがある。机の上に「はい、いいえ、鳥居、男、女、0〜9〈出来れば漢字で書いた方が良い〉までの数字、五十音表」を記入した紙を置き、その紙の上に硬貨〈主に五円硬貨もしくは十円硬貨〉を置いて参加者全員の人差し指を添えていく。全員が力を抜いて「コックリさん、コックリさん、おいでください。」と呼びかけると硬貨が動く。コックリさんと呼ばず“エンジェルさん”などと呼びかえるバリエーションも存在する。これも同じ効果だと言われている。

 井上円了によると、日本においては、1884年伊豆半島下田沖に漂着したアメリカの船員が自国で大流行していたテーブル・ターニングを地元の住民に見せたことをきっかけに、各地の港経由で日本でも流行するようになったという。

 1970年代には、つのだじろうの漫画『うしろの百太郎』の作中でコックリさんが紹介され、少年少女を中心としたブームになったこともある。子供たちが学校などで面白半分に行うケースが多発し、その時代を知る人々は、「絶対にやらないように」と強く警告を発しているケースも多々見られる。生徒への精神的な影響もあり、教師が保護者を含めて厳重注意することもしばしばある

 参加者の潜在意識〈予期意向〉が反映され、無自覚に指が硬貨を動かすという説。ファラデーや井上円了、フランスの化学者、M・シュブルールなどはこの説をとった。 森田正馬森田療法で有名〉は参加者が霊に憑依(ひょうい)されたと自己暗示〈自己催眠、 祈祷性精神病 と命名)に罹るとの見方を示した。複数人に同様な症状がおきる感応精神病の発生もよく知られる。

 私は小学生時代に教室で経験があるが、ぜったい誰かが動かしてると思った。

 

第457話 旧統一教会騒動に思う

序文・すがる想いは誰にもある

                               堀口尚次

 

 私たちは「宗教」と聞くと、なんか胡散臭(うさんく)さを感じてしまう傾向がありはしないだろうか。伝統仏教キリスト教などならまだしも、いわゆる「新興宗教」となると身構えてしまう。なぜなのだろう。

 私なりの解釈では、そこには「しつこい勧誘」であったり、「金銭授受」が絡んでいることが原因ではないだろうかと思う。さらにそこに政治が関係してくると、まさに「胡散臭さ」を感じざるを得ないのだ。現在の状況が「信教の自由」と「政教分離」が矛盾せずに共存しているとは思えない。

 信じることは自由であり、勧誘活動も自由である。だから自分の信ずる教え〈宗教〉が正しいと思うことは自由であり、一人でも多くの人を自分の信じる宗教に勧誘することは、ごく自然の行動だと思う。ただし、この勧誘方法や勧誘手段に行き過ぎがあったり、違法行為〈霊感商法の様な〉があってはならない。「自分が信じる宗教が正しい」はいいのだが、「自分が信じる宗教が一番。他の宗教は邪道」となると、そこから「傲慢(ごうまん)な自分」に気づかなくなってしまうのではないか。これは熱心な信者ほど陥りやすいと思う。

 仏教には『邪険(じゃけん)驕慢(きょうまん)悪(あく)衆生(しゅじょう)』というお経の一節がある。衆生〈人間〉には、「邪見」があり、「憍慢」の心が常にはたらいている。「邪見」とは、真実に背いたよこしまな考え方の意。また「憍慢」は、自ら思い上がり、他を見下して満足する心のはたらきの意。但し、仏教宗派によっては「折伏(しゃくぶく)」という重要な教えもあり、これは「人をいったん議論などによって破り、自己の誤りを悟らせること」であるが、この時に「傲慢な自分」に気が付いていないことがあるのではないだろうか。

 「我こそは正しい、我が宗教こそが絶対」と信じ込む無謬(むびゅう)性(せい)は、自分本人が陶酔している内はいいのだが、他人への勧誘となったとたんに、傲慢になり「邪険驕慢」な、信者獲得が目的になってしまう。信者獲得は手段であり、目的は信じる宗教の教義の伝授であるはずなのだ。

 より多くの人に正しい教えを広め、世の中を良くしようとする崇高な考えには賛同する。そのことと、そのことを達成するための教団の拡大は同じではない。数の力で世の中を変えるのは政治の分野だ。宗教は数の力ではなく、人の心の中を問題にする、いわば哲学であるべきだと思う。


 ※画像と本文とは関係ありません